スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

美琴「ヒーロー?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:16:09.02 ID:fEOmH9nw0
ウヒャッウヒャッウヒャヒャヒャヒャヒャ

「お姉さま、なにバカ笑いしてらっしゃるんですの?」

美琴「あー黒子?いやちょっとテレビで映画やってたからちょっと見てたんだけどww
スーパーマンてwwwwww胸にSとかwwwwwいくらなんでもダサすぎでしょこれwww」

黒子「はあ……私は別に興味ありませんが、まあそうですわね」

美琴「でしょ?全身タイツはないわwwwwwwどういうセンスよwwww」


美琴「あー笑った笑った。もう寝よっと」

スースー


美琴「……あれ?ここどこ?」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:18:40.35 ID:fEOmH9nw0
美琴「あたしベッドで寝てたはずなんだけど……」

美琴「ここってどう見ても外国よね?夢でも見てんのかしら」

美琴「……デイリー・ビューグル?聞いた事ないわね」

美琴「とりあえずなんか飲んで落ち着こう……自販機ないかな」

美琴「って、円じゃ払えないか……」

ワーワー

美琴「ん?何?」

「ミュータントだ!」「捕まえろ!」「叩きのめせ!」

美琴「うわ、何あのキモいの……。追われてるみたいだけど、強盗かなんかかしら」

「やめてよヒーマンさん!俺だよ!ピートだよ!」

市民A「うるせえ!出てけよミュータント!」ビュン

市民B「あいつうちの娘に触りやがった!」ビュッ

市民C「ミュータントなんぞこの世にいらねぇんだよ!」

ミュータント「やめてくれよ!俺何もしてないだろ?朝起きたらこんな格好になってたんだって!本当だよ!信じてくれよ!」ゴツッ「痛っ!」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:22:58.89 ID:fEOmH9nw0
美琴「……」

バチィ

市民「うわ!」「なんだ!雷か!」

美琴「よくわかんない事だらけだけど、別にその人何もしてないみたいだし。石投げられる理由もないでしょ?だから落ち着いて」

市民A「こいつの仲間か!」

市民B「ミューティ野郎がまた一人増えやがったぞ!」

市民C「マグニートーがまた一人よこしやがったのか!」

美琴「え?なにこの反応」

市民「捕まえろ!」「捕まえろ!」「捕まえろ!」

美琴「あー!うるさい!どいつもこいつもケンカ売ってんなら買ってやろうじゃない!」

「はいストップストップ」シュピー

美琴「きゃっ!」

美琴「何これ?糸?あたし糸で吊るされてんの?」

「お互いにちょっと落ち着いたほうがいいんじゃない?このまんまだとデイリービューグルのトップに載っちゃうよ」

市民「スパイダーマン!」「スパイダーマンだ!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:29:00.60 ID:fEOmH9nw0
美琴「スパイダーマン?なにそれ?」

スパイダーマン「あれ?僕の事知らないの?まあチャイニーズみたいだししょうがないね」

美琴「あたしは日本人よ」

市民A「おい!邪魔すんなよスパイダーマン!」
市民B「こんな奴らの味方すんのかよ!」
市民C「やっぱりお前なんてヒーローもどきだ!デイリー・ビューグルの言うとおりだぜ!」

ワーワー

スパイダーマン「ちょっと騒ぎが大きくなってきすぎたかな?とりあえずここは離れて頭を冷やしたほうがよさそうだね」シュピー

「あー、一応言っとくけど、僕がいいっていうまで喋らないでね?」

美琴「え?それってどういう」

ピョン
シューッ

美琴「ギャーッ!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:33:48.56 ID:RS7GuSjG0
女子中学生の味方をする男!



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:34:13.12 ID:fEOmH9nw0
-ビル屋上-

ミュータント「ありがとう、スパイディ!」スタスタ

スパイダーマン「気にしない気にしない。お礼はいらないよ」

美琴「い、糸で道路スレスレ飛び回るとか……死ぬかと思った……」

スパイダーマン「さて、君のほうだけど。君もミュータント?それともエレクトロの親戚かなんか?」

美琴「いや、なんていうか……ていうか、ミュータントって何?」


美琴「……つまり、生まれつき超能力使えるやつらをミュータントって呼んで、そいつらがさっきみたいに差別対象って事?
それじゃ学園都市とかどうなるのよ」

スパイダーマン「ガクエントシ?なんだいそれ。エグゼビアスクールの日本支部かなんかかい?」

美琴「エグゼビア?なにそれ」

「なんだか話が噛み合ってないなあ……。とりあえず一度休んで考えようか。
お金も寝るところもないよね?アベンジャーズマンションにちょっと連絡を取るから待っててくれる?」

ドゴーン
ファンファンファンファン


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:31:34.51 ID:TqnUcpcV0
ミュータントどうなったし



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:37:32.65 ID:fEOmH9nw0
>>6
一緒に連れてったということで


美琴「!?」

スパイダーマン「さっきの方角だな。強盗かなんかかな。ちょっと見てくるからここで待っててよ」

美琴「え?ちょ、ちょっとあんたあんな無茶苦茶な事言ってる奴ら助けに行くの?何で!」

スパイダーマン「昔からよく言うじゃない?『大いなる力には大いなる責任が伴う』って。じゃね」シュピー

美琴「あ!行っちゃった……」

美琴「あたしこれから一体どうなるんだろ……」

カッ

美琴「え?何この光!?」



美琴「……あれ?ここどこ?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:41:06.22 ID:fEOmH9nw0
美琴「さっきまでビルの屋上にいたのに」

美琴「また変なところに来ちゃったみたいだけど」テクテク

美琴「って歩いてきたはいいものの」

http://images.wikia.com/marvel_dc/images/3/38/Wally_West_001.jpg

美琴「ちょっw何この像ww全身タイツ男の仁王立ちってwwwどういうセンスよこれwww」
美琴「これもヒーローな訳?www」

-セントラルシティの守護者 フラッシュ-
-フラッシュ博物館-

美琴「ヒーローの博物館ってwwww」

美琴「てかセントラルシティ?ニューヨークじゃないの?」

ドゴーン
ファンファンファンファン
キャーキャーワーワー

美琴「また!?今度は何!?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:45:19.52 ID:fEOmH9nw0
???「ヒャッハー!」ギュイイイィ

美琴「パトカーに追われてるって事は強盗かなんかよね。止めないわけにはいかないか」

バチィ

ウェザー・ウィザード「なんだぁ!?車がイカレちまった!」
http://www.hyperborea.org/flash/bigimages/weather2.jpg

ヒートウェイブ「おいおい、フラッシュがもう来ちまったのか」
http://i44.photobucket.com/albums/f45/jr102376/Expendables/Heatwave.png

キャプテン・コールド「いつもの事さ。あいつにとってこの街は狭すぎるからな」
http://images.wikia.com/marvel_dc/images/d/d5/Flash_v.2_182.jpg

美琴「ちょwwwww何あの車に乗ってる変態集団wwww」

美琴「このあっつい中に防寒着ってwwアムンゼンかなんか?ww」

美琴「隣の人はもっと完全防備www毒ガスでも撒くのかってwww」

美琴「残りは緑のタイツにドミノマスクとかwwwガチャピンかっつーのwww」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:48:45.99 ID:fEOmH9nw0

美琴「って、そんな事言ってる場合じゃない!」

美琴「あんたたち!一体何者だか知らないけど、ぶちのめされる前に投降したら?」

ウェザー・ウィザード「……」
ヒートウェイブ「……」
キャプテン・コールド「……」

「え、ちょ、何この反応」

ヒートウェイブ「なんだこいつ?フラッシュじゃねぇのか」

ウェザー・ウィザード「やだねー、セントラルシティにこんな空気読めない奴がいるなんて思わなかったぜ」

美琴「な、なんかすごいバカにされてる……」

「おい嬢ちゃん、俺たちローグスはおめーみたいな女子供は相手しないんだ。フラッシュに憧れてるならよそでやりな」

美琴「アホかーッ!」
バチバチ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:51:23.66 ID:fEOmH9nw0
「AAHH!!」「AAGGH!!」「OOHHH!!」
バタバタバタ

美琴「なーんだ。楽勝じゃん。びびってて損しちゃった」

市民A「すごい!ローグスを一発で倒すなんて!」

市民B「フラッシュに続く新しいセントラルシティのヒーロー誕生だ!」

ワラワラ

美琴「えっ」

市民A「ありがとう、お姉ちゃん!」

市民B「コスチュームとか着ないの?」

市民C「名前はなんて言うの?決めてないならあたしがつけてあげようか?」

美琴「え?なにこの反応の違いこわい」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:54:53.91 ID:fEOmH9nw0
「おい」
「喜ぶのはちょっと早いぜ」

市民「わー!ローグスが立ち上がったー!」「逃げろー!」

キャーキャー

美琴「!?2・3日は立ち上がれないくらいの電撃だったはずなのに!」

ウェザー・ウィザード「確かにちょいときつかった。コスチュームが特注じゃないとヤバかったな」

美琴「電撃が防げるコスチュームって一体どんなのよ……」

美琴「まあいいわ!ならもっと強い電撃でも問題ないって事よね!」
バチィッ

ウェザー・ウィザード「おっと」
バチチッ

美琴「え?電撃がかき消された?」

ウェザー・ウィザード「俺のウェザーワンドはその名の通り天気を操る。雷だってお手のものだ」

美琴「ならこいつ(レールガン)で!」
ビシィ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:58:21.49 ID:fEOmH9nw0
「無駄だ」
パキパキパキ
キン

美琴「なに!?いきなり勢いがなくなって落ちるなんて……これ、凍ったの?」

「コールドガンは物質の運動エネルギーに干渉して冷却を行う」

ヒートウェイブ「お遊びはこの辺で終わりだ!」
ビー
グツグツ

「熱っ!あっつ!アスファルトが溶けてる!」

ビー
ガキィ

「なにこれ!氷の塊?動けない!」

キャプテン・コールド「ローグスは女子供は殺さない」

キャプテン・コールド「フラッシュが来るまで大人しくしてるんだな。無理に氷を壊そうとしたら体もバラバラになるぜ」

ヒートウェイブ「まったく、自信満々に登場したはいいが、さすがにフラッシュほどの実力はないな」

ウェザー・ウィザード「フラッシュの頭脳はいつも冴えてるからなあ。どんな敵と戦う時も、相手の弱点を確実に見抜くんだ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:02:20.30 ID:fEOmH9nw0
美琴「……さっきからフラッシュフラッシュって、一体誰よフラッシュって」

キャプテン・コールド「なんだ?お前フラッシュを知らないでセントラルシティに来たのか?」

ヒートウェイブ「チャイナってのはよっぽど情報に疎いところらしいな」

美琴「あたしは日本人よ!」

キャプテン・コールド「まあどうでもいい。フラッシュてのはセントラルシティを本拠地にするヒーローだ」

キャプテン・コールド「通称『世界最速の男』。名前の通り高速で移動する事を得意とする。あいつに追いつける奴はこの世にいない」

ヒートウェイブ「速いだけじゃなくて戦い方がクリエイティブなんだよなあ。周囲を高速で旋回して、中心の酸素を奪ったりさあ」

ウェザー・ウィザード「ああ。ハリケーンの回転と逆に自分を回転させてハリケーンを無効化するなんて、あいつにしか出来ねぇよな」

キャプテン・コールド「お前が動けなくなってる氷の塊も、フラッシュなら体の分子を振動させてすり抜けるくらい簡単にできるぜ」

ウェザー・ウィザード「こっちの作戦を見破って俺たちを叩きのめした後の笑顔なんか、八つ裂きにしたくなるんだよなあ!」

美琴「……あんたたち、フラッシュがそんなに好きなの?」

ヒートウェイブ「はぁ?好き?誰が?」

ウェザー・ウィザード「フラッシュを?」

キャプテン・コールド「何わけのわからん事言ってるんだ」

美琴「」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:04:49.90 ID:TqnUcpcV0
これがツンデレか



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:05:04.13 ID:fEOmH9nw0
ギュワアアア ゴッ「OH!」ゴッ「AH!」ゴッ「UGH!」

美琴「え?なに?赤い光みたいなのが出たと思ったら全員倒されてる……」

フラッシュ「大丈夫か?」

美琴「いつの間に後ろに……?あんたがフラッシュ?」

フラッシュ「そうだ。よろしく。コールドガンで氷漬けにされたか。キッドフラッシュ!この子を頼む!」

キッドフラッシュ「了解!」ビュン
シュシュシュシュシュ

美琴「なんで手で擦っただけであの氷の塊が溶けるの!?」

キッドフラッシュ「ちょっと捕まっててよ。安全なところに連れてくから」

美琴「え?」ギュン

美琴「まばたきしたら景色が変わってたんだけど……。なんでいきなり田舎にいるの」

キッドフラッシュ「ここまで来ればもう安全なはずだよ。それじゃ」ギュン

美琴「行っちゃった……」

美琴「なんだったの一体……」

カッ

美琴「え?また!?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:07:55.38 ID:fEOmH9nw0
美琴「……今度はどこよここ」

???「ヘーイ!ソコのレベル5!」

美琴「え?あたしの事!?」

???「そーそー、あんたの事」

美琴「って、またスパイダーマン?」

デッドプール「ノーノー、俺ちゃんデッドプールよ。スパイダーマンとはダチって言うかクローンって言うか赤の他人って言うか、まあそんなとこよ」

美琴「ふーん……」

デッドプール「あ、俺ちゃんの事信じてない目だねそれ」

美琴「いや、どうでもいいけどあたしがレベル5だって何で知ってんの?スパイダーマンは学園都市の事すら知らなかったのに」

デッドプール「いやー俺ちゃん博識だからねー。俺ちゃんの頭の中にはあんたの友達のイカムスメと同じくらいの量の知識が詰まってんのよ」

美琴「イカムスメ?」

デッドプール「あー君は知らないんだっけ?まあどうでもいい事よ。俺ちゃんがお前達の事知ってるってだけだから」

美琴「はぁ……」

デッドプール「例えばお前はミサカミコト。カミジョーのガールフレンドでクロコのヨメだろ?」

美琴「はあぁ!?」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:09:54.56 ID:fEOmH9nw0
デッドプール「そーだよカミジョーは近くにいないの?俺一度あいつに会ってあれ聞いてみたいんだよねー。ソゲブ!ソゲブ!」

美琴「はああぁ!?」

デッドプール「オーケーオーケー、もうさっさとこのスレ終わらせてカミジョーに会いに行こーぜビリビリ!」

美琴「あーもう、わけわかんないから出てけー!!」
ビリビリビリ

「OOOOOOOOOOHHHHHHH!!!!!!!!!!」
カッ


美琴「な、何だったの今のは……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:13:51.63 ID:fEOmH9nw0
美琴「てかまた変な所に来ちゃったみたい」

美琴「今度はどこ?空気も悪いし」

美琴「電灯はついてるのにやけに暗いわね」

市民「おい、お穣ちゃん」

美琴「は?」

市民「こういうところいると危ないぜ。俺みたいなのが拳銃持って襲いに来るからな!」ジャキッ

美琴「はあ……さっきから変態と悪党にしか会ってないじゃんあたし」

市民「ごちゃごちゃ言ってねぇで金目のもんよこすか!裸にひん剥かれるかどっちか選びn」ゴッ「AAHH!」

美琴「え?」

???「大丈夫か?」

美琴「こ、蝙蝠男?……あ!思い出した!えーと、バッドマン!」

バットマン「……Badmanではない。Batmanだ。君はこんなところで何をしている」

美琴「こんなところって言われても、気がついたらここにいたとしか……ていうかここどこなの?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:17:07.16 ID:fEOmH9nw0
バットマン「ゴッサムシティのクライムアレイ。アメリカで最も危険な場所の一つだ。君のような子供がいていいところではない」

美琴「子供って、あんなチンピラくらい叩きのめすのわけないっての!学園都市のレベル5を舐めないでくれる?」

バットマン「レベル5?なんだそれは」

美琴(あ、やばっ、学園都市とかないんだっけ)「あ、あんたこそこんな夜更けに、そんなカッコで何やってんのよ!」

バットマン「犯罪者から人々を守るために戦うのが私の日課だ」

美琴「ああ、フラッシュやスパイダーマンみたいに?一体どんな能力を持ってるわけ?」

バットマン「スパイダーマンという名前は聞いた事がないが、私にはフラッシュのようにメタ・ヒューマンとしての力はない」

美琴「はあ?てことは蝙蝠のコスプレしてるただの人間って事?マジで?」

バットマン「異能の有無など些細な事だ。そんなものは犯罪を止める為に必須のものではない」

バットマン「正しく考え、行動する者が最後に勝利する。私はそう信じている」

美琴「でも……」

バットマン「私は犯罪により命が奪われる光景を二度と見たくない。だからこそ自分に出来る事を行っているだけだ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:18:52.98 ID:fEOmH9nw0
バットマン「常に強大な力を持つ者が勝利する訳ではない。その口ぶりからして君もメタ・ヒューマンのようだが、
君にもそういう経験があるのではないかね?」

美琴「……」

ソノゲンソウヲー

美琴「!」ブンブンブンブン

美琴「ま、まあ分からないでもないわ」

バットマン「そうかね」

バットマン「では、気をつけて帰りたまえ。ゴッサムシティには、どこにどんな危険が潜んでいるか分からない」
サッ

美琴「あ!行っちゃった……」

美琴「自分にできること、か……」

カッ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:22:42.46 ID:fEOmH9nw0
美琴「……また変わっちゃった……今度はどこよ」

美琴「いい加減慣れてきたけどさ」

美琴「デイリー・プラネット……?デイリー・ビューグルとはなんか関係あるのかしら」

街頭テレビ『放送の途中ですが、緊急ニュースをお知らせします』

美琴「え?」

街頭テレビ『メトロポリス空港に向かっていた○○便に、エンジントラブルが発生しました』
街頭テレビ『現在不時着を試みようとしておりますが、状況は芳しくなく――』

街頭テレビ『市民の皆様は飛行機の航行ルートから大至急非難してください――』

市民A「嘘だろ!?ここに落ちてくるのかよ!」

市民B「ああ、神様!」

ワーワー

美琴「え?メトロポリスってここ?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:26:34.56 ID:fEOmH9nw0
美琴「……ヤバいじゃん」
ギュウウゥーン

美琴「ひょっとして飛行機ってあれ?」

ギュウウゥーン

美琴「思いっきりこっちに向かってきてるじゃん!やば!ぶつかる!」ギュッ

美琴「……あれ?なんともない」

美琴「飛行機は?」チラッ

ゴゴゴゴゴ

美琴「……人?人が支えて飛んでんの!?」

市民「スーパーマン!」「スーパーマンだ!」

美琴「え?」

市民「スーパーマン!」「ありがとうスーパーマン!」
ワーワーワーワー

美琴「……スーパーマン……」

美琴「……かっこいいかも……」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:27:53.15 ID:TqnUcpcV0
全身タイツの魅力に気づいたか



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:29:11.25 ID:fEOmH9nw0
カッ

美琴「……あれ」

美琴「……ここ自室よね」

美琴「スーパーマンは?」

美琴「……ひょっとして夢?夢オチ?」

美琴「……ま、いいか」

美琴「……ヒーロー、か……」

美琴「レンタルして、もっとちゃんと見てみようかな……」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:31:04.18 ID:fEOmH9nw0
数日後

美琴「ふっふふーん、ふふふふふ~ん♪http://www.youtube.com/watch?v=e9vrfEoc8_g」チクチク

美琴「ふっふふーん、ふふふふふ~ん♪」ヌギヌギ

美琴「ふふふふ~んふん、ふふふふ~んふん、ふふふふふふふ~ん♪」ギュッギュッ

美琴「……」グッ グッ

美琴「いいかも……」

ガチャ

黒子「お姉さま?いらっしゃいます?」

美琴「えっ」

黒子「えっ」

……

黒子「お、お姉さま、そのタイツのコスチュームは興奮しますけど、さすがに恥ずかしいと思いますの」ポッ

美琴「」

ギャ――ッ!!!


とりとめもなく終わる


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:36:09.27 ID:TqnUcpcV0



38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/03(月) 23:37:01.64 ID:fEOmH9nw0
絶対反応ないと思ったのにあってよかったよ


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/03(月) 23:37:22.29 ID:hDxmHtHO0
おつでしたw


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/10/03(月) 23:39:14.70 ID:2u46+Pjt0
全身タイツこそ至高








スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 13601

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




           / /<´_{三ミヽ、x<\ー──‐ハ `ヽ、
              /,.>ヽ¨ ̄   マム⌒ヽミヽ、. ヽ、    リ\ ハ
          /' /  }  _,.><\\  `ヽ\ ハ___/.  ヽ∧
           / 7 _,ノ- ´   `i >、\   `マX',  .ハ   / ハ
        /  レ'⌒ヽ   ,.>'`ヽ、`ー`ァ=x_Xム_/ ゙>'´    .i
         // .{    {_/    >‐<´  \ス} `゙く_`><´}
          {‐‐、  ',  / `ヽ   /     ヽ>' ´ヽノー、ィニニ≧x,.リ
         }  ハ  /    Y´       /`ヽ./´`ヽ}ト、   `Y!  おお、君がJAPANでも
          |  ノ'ヽ    /´`ヽ、  /    / `ヽ、ノ`i.トヽ、__,リ   有名なヒーローか!
          | /  ハ /      X´    ./    〉、ソ |:ハーレ′
         ∧    /、      /  `Y 〃    / /⌒rxレ/
\       ∧‐、 X´  ヽ.  /      Y´     / /  .リ リ
゙ /\   .∧_{ >゙ \   X゙     /⌒ヽ. .ノ /   / .ノ
´   \ / { X゙  \ `X゙ ハ   /     〉‐、 /   //
ヽ、x'⌒Y゙  / ` ー‐ 、 ∧ \ ゙ヽ/     /  .〉⌒/
::::::::::::::::ト、_´ヽ__    {⌒ヽ. \゙.     /  ./ ./
::::::::::::::::::::::::::::.∨/`ヽ、{    X´\ ./ ,.x<´>´
:::::::::::::::::::::::::::::::.\   /⌒ヽ,´ ヽ `゙ ´ >'´




                                /  .′j/ Ⅳ:{ /  / }  /} i |{ハ
                     .         /   | /  |′ / /  / /:/ / 八 :.
                            ⌒7 / |i ′ | /´ | |ノ /:/ / j/   ヽ .
                             ノイ : |{ | 彡ハト、 j| |i´ j/ {ハ{ ′   !
                              |i | 八{ !{/≧x、)ハ|{、_厶斗、 !i   |i |
                              |{ ト、  从  tッ Y´j八/'"tッ 冫|{   |{ |  あァ?突然現れて何言ってンだ?
                     .         八{ハ ヽ{ ヾ 彡″  ミ=‐ ' 从 /八 {  このアメコミヒーローは?
                              /  jノ }\    :|      ノイ/!  ヽ
                                 / /ハ           / 八{
                                ノイ| ヽ   、-== ァ  .イj/ |{ ヽ
                                 从i   \  ` こ´ /i |′八
                                   /  |{ ′/ >   <ミiノ | / | ヽ
                                      八{ / j三三三|ツ i j/ハ{
                              __ __ /イ `¨¨¨¨´`ヽ/{/  ヽ
                            ,.イ/{    ヽ| \.:.:.:.ヽ  /:./:.:...`Yヽ、_
                          .イ///∧   Vヘ ヽーヾ , イ‐ ´// ノ `ヽ、
                           ト、////∧   ∨ヘ、` ー―| ´ィ7       /,ハ
                           | ∨///∧   ∨/∧ ̄ ̄ |////    ///,/}
                           |:  ∨///∧  {∨/∧  ///,/   ..:////// i
                           |:.   ∨///∧  ヽヾ'/∧ /,//   /////'/ |




           / /<´_{三ミヽ、x<\ー──‐ハ `ヽ、
              /,.>ヽ¨ ̄   マム⌒ヽミヽ、. ヽ、    リ\ ハ
          /' /  }  _,.><\\  `ヽ\ ハ___/.  ヽ∧
           / 7 _,ノ- ´   `i >、\   `マX',  .ハ   / ハ
        /  レ'⌒ヽ   ,.>'`ヽ、`ー`ァ=x_Xム_/ ゙>'´    .i
         // .{    {_/    >‐<´  \ス} `゙く_`><´}
          {‐‐、  ',  / `ヽ   /     ヽ>' ´ヽノー、ィニニ≧x,.リ
         }  ハ  /    Y´       /`ヽ./´`ヽ}ト、   `Y!  君がULTRA MANだろ?
          |  ノ'ヽ    /´`ヽ、  /    / `ヽ、ノ`i.トヽ、__,リ
          | /  ハ /      X´    ./    〉、ソ |:ハーレ′
         ∧    /、      /  `Y 〃    / /⌒rxレ/
\       ∧‐、 X´  ヽ.  /      Y´     / /  .リ リ
゙ /\   .∧_{ >゙ \   X゙     /⌒ヽ. .ノ /   / .ノ
´   \ / { X゙  \ `X゙ ハ   /     〉‐、 /   //
ヽ、x'⌒Y゙  / ` ー‐ 、 ∧ \ ゙ヽ/     /  .〉⌒/
::::::::::::::::ト、_´ヽ__    {⌒ヽ. \゙.     /  ./ ./
::::::::::::::::::::::::::::.∨/`ヽ、{    X´\ ./ ,.x<´>´
:::::::::::::::::::::::::::::::.\   /⌒ヽ,´ ヽ `゙ ´ >'´




                                /  .′j/ Ⅳ:{ /  / }  /} i |{ハ
                     .         /   | /  |′ / /  / /:/ / 八 :.
                            ⌒7 / |i ′ | /´ | |ノ /:/ / j/   ヽ .
                             ノイ : |{ | 彡ハト、 j| |i´ j/ {ハ{ ′   !
                              |i | 八{ !{/≧x、)ハ|{、_厶斗、 !i   |i |
                              |{ ト、  从  tッ Y´j八/'"tッ 冫|{   |{ |  違ェよ!
                     .         八{ハ ヽ{ ヾ 彡″  ミ=‐ ' 从 /八 {  
                              /  jノ }\    :|      ノイ/!  ヽ
                                 / /ハ         u  / 八{
                                ノイ| ヽ   、-== ァ  .イj/ |{ ヽ
                                 从i   \  ` こ´ /i |′八
                                   /  |{ ′/ >   <ミiノ | / | ヽ
                                      八{ / j三三三|ツ i j/ハ{
                              __ __ /イ `¨¨¨¨´`ヽ/{/  ヽ
                            ,.イ/{    ヽ| \.:.:.:.ヽ  /:./:.:...`Yヽ、_
                          .イ///∧   Vヘ ヽーヾ , イ‐ ´// ノ `ヽ、
                           ト、////∧   ∨ヘ、` ー―| ´ィ7       /,ハ
                           | ∨///∧   ∨/∧ ̄ ̄ |////    ///,/}
                           |:  ∨///∧  {∨/∧  ///,/   ..:////// i
                           |:.   ∨///∧  ヽヾ'/∧ /,//   /////'/ |





関連スレ
一方通行「俺の包茎がどうしたってェ?」
佐天「はぁ・・・能力が欲しい」
大原部長「とある魔術の禁書目録…?」
ジャックバウアー「ここが学園都市だと!!」
黒子「ですの・・・ぉと??」
上条「俺の歌を聴けぇ!」
[ 2011/10/04 00:35 ] SS | TB(0) | CM(3) |
213. とある名無しの能力者 2011/10/06 09:24
シスターズと、マルチプルマンを会わせてほしかったなw
[ 編集 ]
250. путешествия по странам интересные путешествияIgnonaaxiobia 2011/12/15 01:10
элитные путешествия <b>путешествия италия </b>
<a href=http://hutravel.ru/%D0%B3%D0%B5%D1%80%D0%BC%D0%B0%D0%BD%D0%B8%D1%8F/%D0%B2%D0%BE%D0%BA%D1%80%D1%83%D0%B3-%D1%82%D0%B8%D1%80%D0%B3%D0%B0%D1%80%D1%82%D0%B5%D0%BD%D1%88%D1%82%D1%80%D0%B0%D1%81%D1%81%D0%B5>путешествия колумба </a> страховка путешествия паломничество путешествия путешествия вокруг света
[ 編集 ]
259. とある名無しの能力者 2012/01/05 00:56
JLA/アベンジャーズネタとローグスが出てくる時点で相当訓練されたアメコミファン
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

震災情報に関して
インターネット募金「緊急災害募金」
↑東北地方太平洋沖地震の被害に対しての募金情報

Google Crisis Response
↑東北地方太平洋沖地震に関する情報・被害状況
プロフィール
管理人:とあるネット上のブログ主

当ブログについて
このブログの詳細はこちらから

メールフォーム
意見・質問・相互リンク申請はこちらから

※当サイトはリンクフリーです。 あと、相互リンク申請待ってます。

Twitter
↑主に最新記事の更新を通知してます。
amazonで商品を検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。