スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

とあるミサワの禁書目録

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/04(日) 21:19:19.69 ID:cAXUFHKe0

上条当麻(16)


上条「最近、魔術師殴ってねぇなー」

上条「俺って魔法結社に命狙われてスっけ?」

上条「どうしよう、この後英国王女殴りに行こうかな?」

上条「最近インデックスを目の前で攫われてねえなー」

上条「俺に殴られたことある女子はこっち来てー」

上条「天使?・・・ああ、殴った殴った。 前に殴ったわ。」



スポンサーサイト
[ 2011/12/06 00:06 ] SS | TB(0) | CM(3) |

美琴「アンタってもしかして…ロリコン?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:53:28.40 ID:nrMBTj7e0
上条「な、なんのことでせうか?」

美琴「あ、そろそろ小学校の下校時刻かー」

上条「うへぇ! 男の子も女の子もやっぱり小学生は最高だぜぇ!」

美琴「……」

上条「あ……」



[ 2011/11/21 22:54 ] SS | TB(0) | CM(0) |

【短編】佐天「対象を柔らかく包みこんで快感を刺激しながらゆっくり消化する能力、か」

元ネタ:「御坂「んっ…気持ちィ…」ドロォ」より

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/16(水) 16:54:33.61 ID:jNGIbFSq0
佐天「御坂さん! あたし、能力開発できましたよ!」

美琴「よかったわね。でも慢心しちゃだめよ。努力を続けないと、高い強度にはなれないから」

佐天「えー? 今のあたしなら、もしかしたら御坂さんをやっつけられるかもしれませんよ?」

美琴「ぷっ、あはは、それはないわよ」

佐天「……」

美琴「私がどれだけ努力して超能力者になったと思ってるの。ちょっとやそっとで超えられる壁じゃないわ」

佐天「……」

美琴「夢を見るのもいいけど、分相応に……」

あーん

美琴「……え?」

ぱくっ



[ 2011/11/17 00:16 ] SS | TB(0) | CM(0) |

上条「佐天!俺と付き合ってくれ!!」佐天「!!//」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/10(木) 02:03:24.55 ID:ytp3brrQO
佐天(うわーどうしよう、まさか告白されるなんて嬉しすぎる///)

佐天(でも御坂さんの気持ちを考えると……)モジモジ

上条「佐天……いや、涙子!!」

佐天「!!」ビクッ



[ 2011/11/10 08:08 ] SS | TB(0) | CM(0) |

佐天「嫌な事があるとすぐにふさぎ込んで手首を切る能力か…」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:52:00.05 ID:8N8H4Sik0
佐天「うーいーはーるーっ!」ガバー

初春「ひゃあ!何するんですか佐天さん!」

佐天「えへへー、今日は水玉かー!」

初春「もう!ひどいです!」

佐天「あっ、いや、あの、ごめん…」

初春「えっ?」

佐天「あ、あの、ほんとごめんね、調子乗って…」

初春「い、いえ、別にそこまで気にしては…」

佐天「ごめんほんと…き、き、嫌いになったよね」

初春「そ、そんな事は…」

佐天「ごめんね、調子乗ってごめんね…嫌いにならないでね…」



[ 2011/10/29 00:29 ] SS | TB(0) | CM(0) |

御坂・白井・初春・佐天「OVAのOP撮影!?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:51:43.19 ID:zxOCwlKi0
 『幻想御手』事件も終了し、平穏を取り戻した街を歩いている少女が一人。
 放課後の時間をのんびり過ごしている。

「暑っついなー」

 そうボヤキながら手をパタパタさせ、少女は風を顔に送っていた。花のワンポイントが実に可愛らしい。
 その時、ポケットの携帯が鳴り響く。

「っと。メールだ……」

「初春からか……ふむふむ…………えっ!?」

『佐天さん!至急支部まで来てください!!緊急事態です!!』

 メールにはただそれだけ書かれていた。



[ 2011/10/17 00:09 ] SS | TB(0) | CM(0) |

【短編】初春「にゃあ」

元ネタ:「佐天「コインを超水圧で加速して打ち出す能力かー」」より

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 23:21:44.88 ID:ChGoJIJo0
初春「にゃあ」

佐天「あ、猫だ(初春からかってやろ)」

「に、にゃあ」

「よーしよーし、こっちおいで」

「にゃあ、にゃあ」

(よし、今だ)

バサッ!!

(今日の色はなにかな……って、ええええ?!)

「にゃあ~~」

「初春、ほんとに猫になっちゃった……」



[ 2011/10/11 07:47 ] SS | TB(0) | CM(0) |

美琴「学淫都市!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 21:21:24.62 ID:MT86knUz0
美琴「朝起きたら、学園都市が学淫都市になってた・・・」

黒子「この方こそが学淫都市序列第三位、御坂美琴お姉様ですわ!!」

美琴「・・・屈辱感がハンパじゃないわ・・・」

ーーーーーーーーーーーーー
一方通行「どうなってやがる・・・俺の他に元が学園都市だと気付いてるやつはいないのか・・・三下が一番可能性高いな・・・チッ、まずは情報が必要だ」


学淫都市ではレベル、序列の高い能力者が性交の強制力持っている。また、能力も若干それ用に改変されているのだ!



[ 2011/10/07 00:19 ] SS | TB(0) | CM(0) |

美琴「ヒーロー?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 22:16:09.02 ID:fEOmH9nw0
ウヒャッウヒャッウヒャヒャヒャヒャヒャ

「お姉さま、なにバカ笑いしてらっしゃるんですの?」

美琴「あー黒子?いやちょっとテレビで映画やってたからちょっと見てたんだけどww
スーパーマンてwwwwww胸にSとかwwwwwいくらなんでもダサすぎでしょこれwww」

黒子「はあ……私は別に興味ありませんが、まあそうですわね」

美琴「でしょ?全身タイツはないわwwwwwwどういうセンスよwwww」


美琴「あー笑った笑った。もう寝よっと」

スースー


美琴「……あれ?ここどこ?」



[ 2011/10/04 00:35 ] SS | TB(0) | CM(3) |

絹旗「超寒いので人肌で超暖めてください……///」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 10:53:30.76 ID:Avftvyi10

麦野「あのさ、暑苦しいから自分のベッドで寝てくれない?」

絹旗「私は超寒いんです、我慢してください」

麦野「知るわけないでしょ・・どうしてあんたの事情を優先しなきゃいけないわけ?」

絹旗「優先云々はともかく麦野が人間カイロとして超適材なんだから仕方ないじゃないですか」

麦野「それはどういう意味?」

絹旗「いえ。深い意味はありません」

フレ「結局、麦野が一番体脂肪率が高くて温かいからに決まってるわけよ」

麦野「フレンダ、明日の朝日は拝めないと思いなさいよ」



滝壺「良いな・・きぬはたもフレンダもむぎののベッドで寝てて」



[ 2011/10/01 00:14 ] SS | TB(0) | CM(2) |
震災情報に関して
インターネット募金「緊急災害募金」
↑東北地方太平洋沖地震の被害に対しての募金情報

Google Crisis Response
↑東北地方太平洋沖地震に関する情報・被害状況
プロフィール
管理人:とあるネット上のブログ主

当ブログについて
このブログの詳細はこちらから

メールフォーム
意見・質問・相互リンク申請はこちらから

※当サイトはリンクフリーです。 あと、相互リンク申請待ってます。

Twitter
↑主に最新記事の更新を通知してます。
amazonで商品を検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。